ゆるシンプル*ゆるライフ。

ゆるっと自然にシンプルに 整えて暮らす工夫のあれこれを綴ります

空を見上げる。こころと身体に良い習慣。

f:id:linoria:20180112011805j:plain

 

4年ほど前まではFacebookが面白くて毎日写真をアップしてました。

 

海へ歩いて3分の家だったので、暇があると海へ行き、空や海の写真を撮りまくってはアップする。

 

ここ数年は公告が煩かったり、会ったこともない人からたくさん友達申請が来たり

なんだか飽きてしまって、アカウントはありますが休眠状態です。

 

でも写真を撮るのが好きなので、Instagramはひっそり続けています。

Facebookの友達に見つからないように。。。笑

フォローする人を厳選して、たくさんフォローしないようにしてひっそりと。

 

日記がわりになってます。

 

自分のアカウントを見ると、やっぱり空と海が圧倒的に多い。笑

場所が違ってもやってることが同じで、「わたし」という人物が見えて来てオモシロい。

 

Facebookに海と空の写真をアップしてた時には、リアルな友達がたくさん「いいね」を押してくれました。

 

都会や海の遠い場所に住んでいる友達や、海外に住んでいる友達が多かったので

わたしがアップする写真で癒されたり、遠い日本を想ったり

何らかのお役に立てていたみたい。

 

 

都会に住む友達から、

riaさんの秘密を見つけた気がする。

毎日海と空を見ているから、その雰囲気とオーラなんだね

なんてことを言われたことも。

 

別々の友達何人かに言われたので、他の人ってそういう風にわたしが見えているんだな〜って

発見してオモシロかった。

 

両親の認知症が進むと同時に、わたしの心も疲れて行き、ここ数年は鬱状態になっていました。

鬱って言っても仕事が出来ていたので酷くはなかったのですが

やる気がなくなる、生きる気力がなくなるのには本当に困りました。

 

困りました・・・って他人事のように言えるほど回復しましたが

 

何もかもが面倒臭くなって、生きることがとても大変で辛い時期が続きました。

 

何もかもがめんどくさいって、ホント、面倒です。笑

 

生きることがめんどくさいし、死ぬのもめんどくさいんです。笑

断っておきますが、わたしは決して自殺を推奨している訳ではありません。

自ら命を絶つって、当たり前ですがめちゃめちゃエネルギーが必要なんですよね。

鬱々しているどん底の時は、生き続けるエネルギーもないのですが、

自ら命を絶つエネルギーもない。

 

それさえもめんどくさい。

 

もう頭と心は大混乱。どうしていいのか分からない。

 

今振り返ると、そのころは写真もほとんど撮ってなかったです。

撮った写真を見ると、アングルが全部下なんですね。

 

自分の影とか、建物の影とか、ものの陰とかを撮ってる。

 

当然人にも会いたくないのですが、力を振り絞って知人に会うと、

驚かれたのはわたしの姿勢の悪さでした。

 

びっくりされました。

ちょっと!すっごく猫背になってるよ?どうしちゃったの⁈

バレエの先生をしているその人は、わたしの姿勢をぐいっと直してくれました。

 

自分の視線の高さの違いと、呼吸がたくさん入ってくる感覚にビックリ仰天しました!

 

え、こんなに猫背になってたんだ!

 

お腹が縮んで、骨盤が後傾して、肩が内側に入ってるのがスタンダードになっていて

そこから姿勢を良くしようと顔だけ上げるから、何とも醜い姿形をしてました。

 

そう言えば鬱になる前、ある心理テストをしたことがあります。

そのテストでは『あなたに足りないもの』がわかる、ということでした。

結果、わたしに足りないものは『海と恋愛と睡眠時間』。

 

バツイチのわたしは当時失恋したばかりだったので「恋愛」は頷けるものの、

海まで徒歩3分に住んでいるのに「海」と「睡眠時間」が意味不明でした。

今となっては、その心理テストは未来のわたしを予言していた、と思えます。

 

ストレスと心配事が原因で、どんどん眠れなくなって鬱が加速して行ったからです。

 

大波小波を繰り返しながら少しずつ鬱は良くなり、平行して空と海の写真も多くなります。

わたしってわかりやすい。。。笑

 

f:id:linoria:20180112024008j:plain

 

海岸は遮るものが何もなく、空が広い。

毎日変わる自然の表情が美しいし、潮風はマイナスイオンたっぷり。

 

ラッキーなことに、フリーで仕事をしているわたしの職場のほとんど全てが海の近くにあります。

実家から海までは歩いて30分かかりますが、ウォーキングをすると思えば、軽いものです。

 

疲れたら、空を見上げる。

 

f:id:linoria:20180112023321j:plain

 

顔を上げる、視線を上げるだけで心の在り方が変りますよね。

 

下をじーっと見ていると心も胸も閉じていくし

上を見ると心も胸も広がる。

 

すると呼吸も大きく深くなります。

入る空気の量が増えるってことは、それだけ新鮮な酸素が体の中に入るってこと。

 

新鮮な酸素が体の中に入ると、血流やリンパの流れが良くなって

氣の巡りが良くなる

 

滞っていたものが流れ出す

 

動き出す

 

変化する

 

自然界、この宇宙、私たちが生きるこの世界は瞬間瞬間に変化しています。

たった一つ、変わらないものは『全ては変化する』という真理。

 

じーっと膝抱えてうずくまって引きこもって下向いて

いろいろ滞っているのは

この世界、この宇宙の真理に逆らっていること

 

だから苦しくて辛いんだなあ

 

疲れたら、空を見上げる。

凹んだら、空を見上げる。

 

回復した今でも心は揺れます。

でもその揺れさえも、実は大丈夫。

揺れる心で空を見上げる。

 

人の本能とも言うべきこの行為は

自分を守るために無意識にしているのかもしれないなあと

この頃は思うのです。

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加しました。ポチッとしていただくと嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

どうもありがとうございます。