ゆるシンプル*ゆるライフ。

ゆるっと自然にシンプルに 整えて暮らす工夫のあれこれを綴ります

【ゆるライフ】雪降る午後、甘酒の優しい甘さに癒されてお腹も満足。

f:id:linoria:20180123112237j:plain

こんにちは。

昨日の雪は凄かったですね〜  幸いわたしは交通機関の乱れに影響されることなく無事に帰宅出来ました。

 

凍えて帰宅するのが予想出来たので、逆算して時間を合わせ、甘酒を仕込んでおきました。

我が家は米麹とお粥を原料に炊飯器で作ります。

帰宅してすぐに炊飯器を開け、いい感じに出来ていたのでかき混ぜて空気を入れ、さらに1時間。その間にストーブを点けシャワーを浴びました。

部屋も身体も温まりホッと一息つく頃にうまい具合に出来上がり。

 

牡丹雪が粉雪になるのを眺めながら出来立てを味わいました。

うーーん美味しい!笑

我ながらなかなかいい思いつきだったと自画自賛です。

 

f:id:linoria:20180109013925j:plain

 

この頃はスーパーに行くと数種類の甘酒が売られていて、どれもこだわりの推しの一品ぽい。

試しに2種類くらい買って飲んでみたのですが、、、後悔しました〜

 

味が薄いし、この甘さは何か入れてるだろう???っていう変な甘さになっている。

本当に糀で作ったのかしらん。。

一口飲んですぐ吐き出してしまいました。

 

やっぱり甘酒は手作りするのが一番ですね。

 

この間テレビで米麹甘酒の作り方を紹介していて、水筒?保温のポット?みたいので作ってましたが、我が家は炊飯ジャーで作ります。

一度に大量に作れるので便利です。

 

8年くらい前、塩麹を作るために取り寄せたら、塩麹のレシピの他に味噌や甘酒作りのレシピが入っていて

以来、その糀屋さんのレシピがウチの定番になっています。

 

糀甘酒を作っている方はそれぞれレシピがあると思いますが、参考までにそのレシピを紹介します。

 

糀は生糀(冷凍)を使います。

用意するもの
  • 生糀(冷凍) 500g〜800g
  • お米1合
  • 炊飯ジャーまたは保温ジャー
米麹甘酒の作り方
  1. 炊飯器を使い米1合で水分を多めのお粥を炊く
  2. 70度くらいに冷ます
  3. 少し冷めたお粥に生糀をほぐしながら入れ、かき混ぜる。かき混ぜていると固い感触から柔らかい感触に変化します。もし固いままだったら湯冷ましを多くても80ccくらい足します。
  4. 保温にして6〜7時間。(この間に何度か様子を見てかき混ぜてもOK。しなくてもOK。)
  5. 蓋を開け、かき混ぜ、味見。好みの甘さになっていたら出来上がり。
  6. 甘さが足りなかったらもう1〜2時間。9時間以上保温すると(ジャーにもよりますが)黄色く酸っぱくなるので注意。
濃いめに出来ます

もともとのレシピは濃く作って薄めて飲むスタイル。

わたしは濃い目が好きなので、米1合のお粥に糀500gで作って薄めずそのまま頂きます。米麹のつぶつぶが残っているのも好き。

季節の果物と合わせても美味

甘酒はお砂糖代わりに煮物に入れたり、ヨーグルトに混ぜたりと色々活用法があります。最近はお鍋にも甘酒を入れるとか。

わたしはオーソドックスに季節の果物と合わせるのが好きです。

今年は高値ですがみかんを混ぜたり、リンゴをすり下ろして混ぜたり。今はいちごがマイブーム。

 

f:id:linoria:20180123110712j:plain


いちごを粗くつぶして甘酒と交互に器に入れ、最後にヘンプパウダーをかけました。

麻の実ナッツをかけても美味しいです。

 

お腹に優しく、美容と健康にも良いおやつ。

 

身体も心も温まりながら雪見甘酒を楽しんだお話でした。

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加しました。ポチッとしていただくと嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

どうもありがとうございます。